水子供養「お布施の書き方」

お布施の書き方

水子供養の際に、お布施をお渡しします。ご霊前やご仏前等様々な袋がありますが、水子供養の場合は、白い封筒(無地の封筒)を用意し、「御布施」と「依頼者の氏名」などを書き、この中にお布施を入れてお渡しすることが多いようです。

一般の封筒には水引がついているものがあります。これは地域によって異なりますが、水引を使用する風習がある地域では、白黒の水引や双銀(そうぎん)、また関西では白と黄色の水引を使用することがあります。

水子供養お布施

水子供養の御布施画像

水子供養の御布施
水子供養の御布施

水子供養の御布施(裏側)

水子供養の御布施(裏側)

水子供養の御布施(裏側)
水子供養の御布施(裏側)

お布施はお寺に対して渡すもので、相手に不幸があったわけではないので水引を付けないほうが丁寧ともいう考え方もありますので、わからない場合はやはり白い封筒などにお布施と名前(二人で行く場合は二人の名前)を記入しましょう。氏名の書き方ですが諸事情により二人の氏名を書きにくい場合には、代表お一人の氏名、或いは下のお名前のみ一人、または二人を書いても良いかもしれません。ただお寺によって、供養するのに正確な氏名を伝えなければならないところや、塔婆に記載するためにあらかじめ氏名を伝えておく必要があるお寺もありますので、あらかじめお寺に予約の電話をして確認した方が良いでしょう。

水子供養の御布施書き方
水子供養の御布施書き方
水子供養の御布施(名前)
水子供養の御布施封筒

水子供養のお布施「封筒の裏側の書き方」

お布施の裏側には何を書くのでしょうか。一般的な裏側の書き方は、封筒を裏返して右側の下に、住所と、中に入れた金額を明記します。水子供養のお寺によっては、住所などを答える必要がなく、諸事情によってご本人が住所を明かしたくない場合には、金額だけ記入します。この際お寺にお渡しする際には一言、「諸事情により住所のご報告は控えさせてください」などとそえるとよいでしょう。金額は数字で横書きでも構いませんし、例えば「金壱萬円也」などと漢数字で記入します。水子供養の御布施の書き方はこちらをご覧ください→水子供養お布施封筒の書き方

水子供養のお布施封筒の裏側の書き方
水子供養のお布施封筒の裏側の書き方

HOME→水子供養のお寺検索

水子供養お布施関連事項

水子供養のお布施

お布施とは

水子供養お布施の準備

水子供養お布施袋の書き方

水子供養お布施封筒の書き方

お布施の渡し方

水子供養のお布施金額

お寺の登録はこちら↓