本文へスキップ

水子供養のお寺検索は全国の水子供養ができるお寺をご紹介します。


水子供養のお寺水子供養の服装>葬儀法事の服装

葬儀・法事の服装

法事や葬儀の服装

どうして喪服は黒いのか?
水子供養には喪服に限らず、派手な色柄を控え黒や紺の地味な服装で行かれる方も多いかと思います。現在では当然のように葬式といえば白と黒色のイメージが定着されている方も多いと思いますが、そもそもご供養や法事葬儀にはなぜ黒の服が選ばれているのでしょうか。
日本の歴史では古くは日本書紀に、その当時の喪服は白色であったと残されているようです。その後平安時代には天皇家のしきたりから一般人にも黒の喪服へと変化していきましたが、室町時代にまた葬儀の喪服は白色が一般的になったようです。つまり長い歴史の中で白い喪服が一般人の間では主流であった期間が長かったようです。葬儀法事の服装

明治維新・戦後の喪服の変化

しかし時代が明治になると欧米の影響が強くなります。明治30年の皇室の葬儀の際に、政府が黒色に統一した為皇室の喪服は黒と正式に規定されるようになったようです。そして一般庶民が黒い色の喪服を切るようになりますが第二次世界大戦中から戦死者を送る葬儀が多くなってしまったこともあり、また当時の時代背景から新品の喪服を一般大衆の各個人がそろえておくことは難しく、喪服のレンタルを行う貸衣装店は汚れやすい白ではなく汚れが目立たない黒を揃えるようになり、戦後は黒い喪服が急速に広がるわけです。欧米諸国の影響や、戦争の影響から今日の黒い喪服が一般的に広がっていったようです。もっとも赤や黄色の衣類で心の高揚が出てしまわないよう、落ち着いた色を選んで心静かにご供養したいという表れなのかもしれません。つまり喪服でなくても、心を込めてご供養ができるならば決まった服装でなくてもよいのかもしれません。
喪服と供養

水子供養の服装
水子供養のお寺検索TOPへ

水子供養ナビゲーション

 新規登録寺院
 埼玉県本庄市
 八幡山 成就院
本庄市成就院