本文へスキップ

水子供養のお寺検索

水子供養のお寺検索>水子供養お布施の準備

水子供養お布施の準備

お布施の準備


お布施・袋の書き方


ご供養の際、お布施をお渡しする際には白い封書を用意し、「御布施」と「依頼者の氏名」などを書き、この中にお布施を入れてお渡しすることが多いようです。

お布施は仏教の慣習でさまざまなご供養、祈願に対しての感謝やご本尊様をおまつりするお寺への援助などとして渡すお金のことです。

水子供養でも回忌法要と同様に不祝儀袋にお包みする地域と水引を使用せずに渡す地域があります。

水引を使用しない地域




水引を使用する地域













お布施の渡し方



お布施の渡し方
水子供養お布施の準備
水子供養のお寺検索TOPへ
地域によっては水引(上記写真で見ると封書を結ぶ白黒のひもの部分)を使用しないところもあります。ご法事などで水引を使用しない地域では、水子供養の際も、一般的な白い封筒などに、お布施、御布施などと縦書きに書いてお渡ししてよいでしょう。 水引を使用する風習がある地域では、白黒の水引や双銀(そうぎん)、また関西では白と黄色の水引を使用することがあります。     お布施はお寺に対して渡すもので、相手に不幸があったわけではないので水引を付けないほうが丁寧ともいう考え方もありますので、わからない場合は白い封筒などにお布施と名前(二人で行く場合は二人の名前)を記入しましょう。 では水子供養に行って実際にお布施を渡す際には、どのようなタイミングでどのような渡し方をしたらよいのでしょうか。渡し方についてはこちらをご覧ください。→