本文へスキップ

水子供養のお寺検索

水子供養のお寺検索>お布施渡し方

お布施渡し方

水子供養のお布施の渡し方


合同で法要を行う場合など、受付がある場合


水子供養が複数の依頼者と合同で行われる法要などの際は、お寺の本堂などの入り口に受付が用意されている場合があります。このような場合はお寺、本堂に入る前に、お布施を受付の方に渡します。

受付などがない場合








お布施をふくさに包む




お布施の渡し方
水子供養のお寺検索TOPへ
一般的な寺院には受付などはなく、住職や僧侶に直接渡すことがほとんどです。法要が始まる前に住職・お坊さんに挨拶ができる時間があれば、先にご挨拶をしてお布施を渡しましょう。「本日はお世話になります。どうぞよろしくお願い致します。」等一言添えます。ご供養の法要の前に時間がない場合は、ご供養が終わってから、お礼の挨拶とともにお布施を差し出すといいでしょう。いづれの場合でもご供養の前後にはご供養の気持ちでしっかりと挨拶し一緒にお布施を渡しましょう。 また丁寧な方は御布施を「ふくさ」につつんで持参するのがよいでしょう。渡す際にふくさをとり、そのふくさを台にしてお布施を乗せ、一言添えてお渡しするとより丁寧でしょう。