本文へスキップ

水子供養のお寺検索

水子供養のお寺検索>お布施とは

お布施とは

水子供養のお布施

お布施とは

お布施は仏教の六波羅蜜(ろくはらみつ・ろっぱらみつ)という修行のひとつです。

六波羅蜜は、

布施・ふせ(人に施しをあたえること)
持戒・じかい(戒律を守ること)
忍辱・にんにく(苦しくともそれに耐えること)
精進・しょうじん(常に努力すること)
禅定・ぜんじょう(心をしずめ、落ち着いた心で自己を省みること)
智慧・ちえ(ものごとの真実を見る目をもつこと)

の6つでこれを実践することにより悟りの世界に到達できるとお釈迦様が説いています。

さらに布施には財施・法施・無畏施の三種類があります。

財施とは金銭、衣類、食糧などを施すことです。
法施とはお釈迦様の教えや、読経を他者のために行うことなどです。
無畏施とは様々な恐怖や不安を取り除いてあげること。安心を与えることです。

水子供養の際にお布施を僧侶にお渡ししますが、これは布施を「あげる」わけではなく、
ご本尊様にささげるものと考えるべきでしょう。

檀信徒から受け取ったお布施は、住職・僧侶が、ご本尊様をお守りしているお寺の維持費として
計画的に用いるわけで、お布施をそのまま僧侶がお寺と関係なく自由に使うということでは通常ありません。

お布施の中から一般的な公務員や会社員と同様に給与としていただくことはあっても、基本的には、お布施はお寺の護持(維持)費として使用するものです。

それは、お世話になるお寺のご本尊様に間接的に納めていると言えるでしょう。

つまり水子供養のお布施は依頼するお寺のご本尊様にささげるものということになるわけです。
お布施とは
水子供養のお寺検索TOPへ